FC2ブログ

記事一覧

圧力鍋で炊飯

こんにちは。

奈良、西大和のぶどう山の近くに住んでいるサイコといいます。




以前の記事→★に書きましたが


圧力鍋でご飯を炊いています。
15315757890.jpeg
アサヒ軽金属の「ゼロ活力なべ」

食べきれない分は、写真手前の「真空おひつ」というものに入れて、冷蔵庫に保存します。

それにも入らないのは、一食分ずつラップでくるり、ジップロックに入れて冷凍です。
15315758130.jpeg
大人一杯分+子ども一杯分

活力なべも真空おひつも、全てのパーツを外して洗えるので気持ちがいいです。



さて、

最近は子どもも食べる量が安定してきたので、炊飯にも一定のリズムができてきました。

一回につき米4カップ炊きます。(合ではなく、カップ=200㏄で計量します)

夜、三人分、次の日の昼三人分(昼は一人分のときもご飯を食べない時もあり)、その夜の三人分、あと、一人分と子供一人分が余ります。

つまり、三人分×三回+一人前強。

だから、大体ですが、3日に一回炊くことになります。

この頻度が定着してきたので、献立を考えるのにも一役かっています。
「今日でご飯がなくなるから、このタイミングで今夜はお好み焼きにしよ~」とか。
(お好み焼きも、人それぞれですよね、お好み焼きをオカズにして、ご飯を食べる派、とか。
私は、お好み焼きを食べるとご飯は食べられません、お腹いっぱい!)



さてさて、

以前炊飯器を処分した、とも書きましたが、これをみなさんにオススメしているわけではないのです。

私は、炊飯器のパーツが洗いにくいのと、出しっぱなしで、調理台が狭くなるのに困っていました。

炊飯器にも言い分(?)はあります。
夜寝る前にタイマーをセットしておけば、朝、炊きたてのご飯が食べられます。
保温機能があって、しばらくはホカホカ。
最近は炊飯器でピラフやケーキやなんかも作れるようですね。(ピラフ、ちょっと憧れます)

わが家の朝はパン食、そして、ごはんは炊きたてでなくレンチンでも、十分美味しいと思えるのです。

モノを持つときの自分なりの基準に沿って、「手に入れるor手放す」を決めるのがいいと思います。




読んでくださってありがとうございました。

私も、みなさんも、ばんざーいな日を過ごせますように!

よろしければお願いします🎵

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント